玄米の最もオススメな炊飯(調理法) 5つのステップ

玄米ごはん

玄米の栄養と安全を最大にした食べ方

玄米の食べ方にはいろいろな方法がありますが、玄米生活では5つのポイントでの炊飯をオススメします。安全に正しく美味しく炊く方法はこちら。

1.安全な玄米を買う(適切に保存する)

玄米に限らず安全なお米を買いましょう。顔の見えるお米であるほうが良いです。
できれば無農薬がいいですが、減農のものでも良いですし、一般のものでも悪くはありません。
場合によっては乾燥時に高温の熱風を使っている場合があるということで、発芽しない玄米が流通しているという話もあります。

玄米を選ぶ

2.安全な水で洗う

玄米は水に浸けた瞬間から発芽モードに入ります。
最初のお水をお米が吸ってしまうので、できれば一番最初のお水はピュアなものが良いでしょう。
(白米を洗う場合には玄米以上に吸い込みますので注意しましょう。)
もちろん水道水でも構いませんし、浄水器などでも良いと思います。

お水を選ぶ

3.水に浸して発芽させる、そしてその水を捨てる

玄米を水に浸し、発芽玄米にします。
浸すことで発芽をしますが、農薬などを水に溶け出させるためでもあります。
ですから、できれば浸け置いた水は捨てる方が良いでしょう。

玄米を水に浸す ~玄米を水に浸す5つの理由~

4.安全な水で炊飯する

炊飯に使うお水は、できるだけピュアなお水を選びましょう。
炊飯をするのは、圧力鍋/圧力釜でも炊飯ジャーでも構いません。

お水を選ぶ
圧力鍋/圧力釜
酵素玄米炊飯器

5.保温して酵素を高める

炊飯が終わったら、炊飯ジャーで保温をすることで酵素玄米になります。
1~3日ほど置くことで発酵し食べやすくなり、酵素も増えて栄養価が高まります。
炊飯ジャーの中では中心に寄せておくことでお米の乾きを減らすことができます。
また、発芽から発酵までを行う酵素玄米炊飯器などもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で