血糖値の急激な上昇を抑える玄米

白米と玄米の違い

白米は血糖値を急上昇させますが、玄米にはその作用はとても少ないです。

玄米は白米のおおよそ2/3となっており、血糖値をあげにくい傾向があります。

加えて玄米と和食(味噌汁や魚)と一緒に食べると、なんと、1/3にまで血糖値上昇を抑えると言われています。

すい臓が負担を強いられるのは、血糖値の急激な上昇と下降によるものです。

乱高下することによって、インスリンの出番が増えるのです。

そもそも血糖値の上昇が急激でなければ、血液中の糖も自然に体内で使われていき余ることはありません。

玄米は、ダイエット効果など身体への負担が軽減されるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で