玄米を発芽させよう ~発芽玄米のつくりかた

玄米を一晩水に浸して発芽させる

自宅でカンタンに玄米を発芽させて発芽玄米をつくろう

発芽玄米は、買ってもいいですが自宅でカンタンに発芽させることができます。

家で発芽させれば、発芽した後の水が、100%天然の酵素水「発芽玄米発酵水(リジュベラック)」になりますので一石二鳥です!

1.容器に入れる

まず、玄米を洗い、玄米を容器に入れます。

容器はどんなものでもいいですが、タッパのようなもので外部の空気が入らないものの方が良いです。
銅製のものだと雑菌がわきにくいと言われています。

可能であれば熱湯消毒をしても良いでしょう。

2.水を入れる

水は、ピュアなお水か、浄水器や水道水で良いです。
(ピュアなお水ほど雑菌は湧きやすく、水道水は塩素がそれを防いでくれます。浄水器は塩素を取り除ききれないので、塩素濃度の薄い水になります。)

冬は温度が低く10度くらい、夏は25度くらいの水温ですので、できれば30~40度くらいにしておくのが良いです。

30~40度くらいが最も発芽しやすい環境になります。

3.適温を保ちます

タッパでフタをします。

そして、温度がそれなりに保つように工夫をします。

冬であれば水温が低くなってしまうので、温かい部屋、炊飯ジャーのそばや台所あたりでも良いでしょう。

夏であれば水温が高くなってしまうので、涼しい場所を選びましょう。

発芽させるポイント

どこまで発芽をさせればいいの?と思いますよね。

アブシジン酸を消すためだけであれば、玄米が発芽モードに入ればOKと言われています。

数時間水に浸けるだけでも大丈夫と言われています。

夏場は6~12時間、冬場は12~24時間程度です。

発芽によって芽が出ることで、玄米の栄養価が高まります。

全く発芽してないように見えても、発芽の準備になっているので、栄養価は高まっていますのでご安心を。

でも本当に芽が飛び出ているくらいまで発芽させてしまうと、ご飯の美味しさを損なうので、ほどほどにしましょう。

発芽だけじゃい、水に浸す他の理由

玄米を水に浸すのは発芽させるためだけでもありません。

発芽後に残った水は、100%天然の酵素水「発芽玄米発酵水(リジュベラック)」です。

発芽もして、残った水にも栄養があるなんてとってもステキですよね。

水に浸す理由はもっと他にもあります。

玄米を水に浸す ~玄米を水に浸す5つの理由~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で