玄米の毒性(毒素)と、取り除く方法

玄米には毒がある?


玄米には毒性があるという話を聞いたことが一度はあると思います。

玄米には胚芽や米糠がついた状態になっているため、そこに含まれているものに毒性があると言われています。

玄米を食べることが身体に良い/悪いという議論になるのにはこの毒性がテーマになることがあります。
玄米が身体に悪いという論文や話題には、この毒性に対するものが多く、この毒性を無視した食べ方をすると、やはり玄米は身体に悪いということのようです。



玄米の毒性の正体


玄米に毒があると言われていますが、これは玄米だけに含まれているものではありません。

「アブシジン酸」は、植物が発芽する際に必要とするもので、芽の出る植物にはあるものです。

ですがこのアブシジン酸、発芽に必要な成分なので、発芽することでこれらがなくなるのです。

ですから、発芽をさせることで、毒性はなくなる、ということなのです。

アブシジン酸って何が悪いの?

「ミトコンドリアに影響を与える?」・・と言われてもよくわかりませんよね。

調べるとそのようなことが書かれていますが、ミトコンドリアですから細胞に影響を与える・・・ので、それは大変。。

ガンや冷え性、倦怠感などいろいろな影響があると言われています。

また同時にもう1つ毒性があるという話題を見つけることができます。

「フィチン酸」という物質です。

玄米にはフィチン酸が含まれていると言われていますが、正確にはフィチンのことでミネラルが排出されてしまうというのは間違いです。


玄米の毒性を取り除く


玄米の毒性を取り除いて食べるにはいくつかの方法があります。

1.玄米を発芽させる

玄米の毒性を無力化するためには、発芽させてしまうことが一番良いです。

発芽させることでこの2つの物質がなくなり、毒性はほとんどなくなるそうです。

ですから、玄米を食べる時には、玄米を発芽させてから炊くことをオススメします。

→玄米を発芽させる方法


2.発芽したものを買う

発芽玄米、発芽米などを買うことで、毒性を消したものをすぐに使うことができます。

玄米を水に浸して発芽させる時間がない人には、こうしたものを買うことをオススメします。

発芽玄米、発芽米など、お米のいろいろな種類を見る

※ただし、一般で売られている発芽玄米は、発芽させる際に塩水に浸けているものもあるそうで、塩分が多いことがあるので注意が必要です。


3.精米し精白する

最終手段は、精米して精白をしてしまうことです。

胚芽も米糠も取り除いた状態になるので、毒性物質がない状態になります。

毒性を摂ることよりも安全性を選びたい場合には、精白したものを選ぶのが良いです。

(胚芽米も胚芽がついているので、やはり発芽させる必要があります。ただし米糠がついていないので発芽をするかどうかはわかりませんので、メーカーにお問い合わせください。)

また、玄米しかストックがない場合には、精米器などを使って精白することもできます。

発芽玄米、発芽米など、お米のいろいろな種類を見る
精米器、精白器を見る


玄米の栄養と毒性、そして白米の栄養も忘れずに


時間のない時などは無理して玄米を食べずに、発芽した玄米か精白したもの選ぶのも1つの方法です。

だって、精白したお米でも十分に栄養はあるのですから、無理せずに長続きできる方法を選んでいきましょう。