玄米の毒性(毒素)を取り除く方法は、発芽 ~毒性の正体と誤解(アブシジン酸とフィチン酸)

玄米には毒がある?

玄米には毒性がある

そんな話を聞いたことが、一度はあると思います。

玄米には胚芽や米糠がついているため、そこに含まれているものに毒性があると言われています。

玄米を食べることが身体に良い/悪いという議論になるのには、この胚芽の毒性がテーマになることがあります。

やはりこの毒性を無視した食べ方をすると、玄米は身体に悪いということのようです。

玄米の毒性の正体 = アブシジン酸

玄米に毒があると言われていますが、これは玄米に限ったものではありません。

「アブシジン酸」は、植物が発芽する際に必要とするもので、芽の出る植物にはあるものです。

食べると消化が悪いのはもちろん、ミトコンドリアに影響を与える?・・などとも、言われています。

ガンや冷え性、倦怠感などいろいろな影響があると言われています。

玄米は乾燥させただけのものなので生のお米であり、発芽をする種でもあります。

生トマトの種
生キュウリの種
あらゆる生の果物や野菜の種・・・

すべての生の種には、「アブシジン酸」がありますから、お米だけにあるものではないのです。

しかしこのアブシジン酸、発芽に必要な成分ですので、発芽してしまえば消えるのです。

ですから、米を発芽をさせてしまえば、毒性がなくなるということなのです。

玄米の毒性の誤解 = フィチン酸

玄米に毒があると言われているもう1つの話題があります。

「フィチン酸」という物質です。

玄米にはフィチン酸が含まれていると言われています。

しかしこれは、正確にはフィチンのことで、フィチン酸ではありません。

ミネラルが排出されてしまうというのは間違いなのです。

玄米を食べると身体のミネラルが排出されてしまう!? 玄米に含まれている成分が身体のミネラルを体外に排出してしまうので、ミネラル欠乏症に...