玄米の美味しい食べ方チャート

発芽玄米を炊いたごはん。胚芽にビタミンがたっぷり

みなさんの調理環境や、いろいろなポリシーがあると思いますので、それにあわせて玄米の食べ方を選ぶのも良いと思います。

玄米のビタミン第一

炊飯前に時間をかけられる人は、玄米を発芽させて栄養価を最大に引き上げる「発芽玄米」がおススメです。
どこまでどう発芽させるのかというのはかけられる時間や季節、調理器具や環境などに左右されますが、いずれにしても水に浸すことによって玄米を目覚めさせることでビタミンを増やすことができます。
玄米を発芽させる

玄米の酵素パワー

炊飯後に時間をかけられる人は、炊飯した玄米を寝かせて酵素を引き出す「酵素玄米」がおススメです。
炊飯の保温機能を使って時間をおくことによって、炊いた玄米を発行させビタミンなどを増やすことができます。
玄米を発酵させる

玄米を手軽に楽しむ

玄米を食べるのは難しいイメージがありますが、それほど構えなくとも簡単に食べることができます。
特に、炊き立ての玄米は柔らかいので比較的食べやすいでしょう。
また、水の量を調整し時間を長めに設定して炊くことでパサパサ感を減らすことができます、
圧力釜を使えばそうしたことが簡単にできるでしょう。
また、通常のご飯以外にもおかゆにすることもできます。
→に

安全・安心を優先

いろいろな情報がありますが、根拠のあるものから都市伝説まで様々です。また、食はいろいろなものと一緒に食べることが前提であり、また、その人の体質やその日の体調にも大きく左右されます。
ですので、ご自身に会ったものを選び、また、食のポリシーに沿ったものを選ぶのがよいでしょう。
玄米と毒素のはなし
玄米の解毒作用(デトックス)
妊娠中の玄米、授乳中の玄米

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で