gemmai一覧

妊娠中の玄米、授乳中の玄米

妊娠中・授乳中において玄米が特に悪いことはなさそうです。ミネラルが排出されてしまう、解毒作用があるので母乳に出てくるという間違った情報が多くあります。一般的には普通の白米よりも栄養が摂れるので、食べられる人は食べてね、という姿勢のようです。ただし、玄米はよく噛んで食まないと消化不良になるので注意が必要です。

玄米の毒性(毒素)を取り除く方法は、発芽 ~毒性の正体と誤解(アブシジン酸とフィチン酸)

玄米は体に悪い!?毒がある!?…はい、あります。実際、玄米に限らず、発芽する種子などにもすべて毒があります。それは、種子が後生に生き延びるためのものだとも言われています。でもその毒も、発芽にはとても必要なものですし、発芽をした状態はとても栄養価が高まるのです。玄米の毒性を栄養に変えることで、毒も薬となるのです。