玄米を圧力鍋/圧力釜で美味しく炊く5つのステップ

発芽玄米ご飯を、圧力鍋/圧力釜で炊く3つの理由

玄米を炊飯器で炊くこともできますが、圧力鍋/圧力釜で発芽玄米ご飯を炊くには3つの理由があります。

1.炊飯時間が短い
2.玄米の形が残りやすい
3.小豆もしっかり火通る

玄米ご飯だからといって妥協するのは嫌なのですが、多くの場合、ある程度の妥協をしてしまいます。

その一番の妥協は、お米の形

寝かせ玄米はかなり形が崩れますし、炊飯器でもあまりうまくいきません。

小豆も多少堅さが残っていた方が好きなので、

短時間でしっかりと中まで火を通して、玄米でもお米の形をちゃんと残して食べたい

というところから、発芽玄米ご飯は圧力鍋/圧力釜で炊くことにしています。

私が使っているのはコレ↓

長年愛用している圧力鍋 WMF パーフェクトプラス 圧力鍋4.5L 私が長年愛用している圧力鍋があります。 WMF パーフェ...

ほぼ毎日炊飯を続け、そして突き詰めた方法を伝授します。

玄米を美味しく炊く5つのステップ

【1】玄米を計り、研ぎ、水に浸します
【2】玄米を、水に6~9時間以上浸ける。
【3】玄米と水、塩と小豆を、圧力鍋/圧力釜に入れる。
【4】強火にかけ、圧力鍋/圧力釜リングが3まで上がったら4分弱火にする。
【5】ピンが下がりきったら、炊飯ジャーに移し保温する。

【1】玄米を計り、研ぎ、水に浸します

計量カップなどで正確に量り、軽く水洗いします。
米ぬかがないので、水などは濁ることはほとんどありませんので、軽く表面のゴミを落とします。

そして、ザルに玄米を上げ、そこから100回ほど手で研ぎます。
(表面に軽くキズを付けます。)

玄米を水で軽くすすぎます。
(少し濁ると思います。)

そして、タッパなどで水に浸します。
(玄米の上1センチくらいまで水を入れます。給水して米が大きくなるので。)

私はアルミのタッパ「クイッキー」というものを使っています。

【2】玄米を、水に6~9時間以上浸ける。

短くとも6時間以上浸けることをオススメします。
できれば9時間程度。

玄米は水につけると発芽モードに入りますが、発芽をある程度進めるためには時間が必要です。
(発芽しなくても大丈夫です。)

また、水洗いしてすぐに炊いても、玄米(特に玄米を被う糠)が堅いままになってしまいます。

お米を炊く前に水に浸すということは誰でも知っていますね。しかし玄米は白米と同じ方法では美味しく安全に食べることはできません。玄米を水に浸ける理由は、単に柔らかくするだけでなく、発芽し解毒させ、残留農薬を取り除き、米アレルギーを低下させるなど。玄米を水に浸す5つの理由をご紹介します。

【3】玄米と水、塩と小豆を、圧力鍋/圧力釜に入れる

水に浸した玄米をザルに上げ、軽く洗い、圧力鍋/圧力釜に入れます。

圧力鍋/圧力釜に小豆と塩を入れます。

小豆を、ひと握り(40グラムくらい)
粗塩を、ひとまみ(通常の塩でも良いです)

私は、粒が小さめの小豆が好きです。

圧力鍋/圧力釜に水を入れます。

小豆を入れない場合の通常の水の量は、玄米1合(カップ)に対し1.2~1.3カップ程度。

私は小豆を入れるので、玄米1合(カップ)に対し1.5カップ程度にしています。

私はいつも2合を炊くので、

2カップ(180mlx2)

1/2カップ(90ml)

を入れています。

※浸す時間が短かかった、少し柔らかめがお好き、古米の場合には少し水を多めにします。

また、新米の場合には少し少なめでも良いかもしれませんが、玄米1合(カップ)に対し1.4カップを目安にします。

そして小豆に水を吸収させるため、15~30分ほど置きます。

美味しいお米には、良い水を選ぶ 美味しいお米を食べるには、やはり美味しいお水が欠かせません。 といっても特別に高い水を使うということ...
炊飯時間を短縮する圧力鍋/圧力釜 お米の炊飯には炊飯ジャーが一般的ですが、圧力鍋/圧力釜で炊くこともできます。 圧力鍋/圧力釜で...

【4】強火にかけ、圧力鍋/圧力釜リングが3まで上がったら4分弱火にする

15~30分ほど小豆に水をさせたら、火にかけます。

一般の圧力鍋/圧力釜で、普通に白米を炊くのと同じです。

わが家は以下の設定です。

IHキッチンなので、
[5:強]にしてピンが上がるのを待ち、
[1:弱]にしてタイマーを4分

火を切ってから、自然にピンが下がるのを待ちます。

圧力鍋/圧力釜のピンが下がるまでは炊いている状態です。

無理矢理、ピンを下げるために冷やしても堅いままです。

【5】圧力鍋/圧力釜のピンが下がりきったら、蒸らす

圧力鍋/圧力釜のピンが下がり中を開けて見てみると、まだ、お米が十分に水を吸いきっていない感じがします。

玄米は蒸らしがとても大切ですので、まず全体を混ぜて蒸らします。

小豆も場所によっては固いこともあるので一緒に混ぜます。

もし可能であれば炊飯ジャーに移して蒸らしても良いです。

圧力鍋/圧力釜であれば、そのまま冷めるまでほおっておきます。

最低でも15分以上置くこととオススメします。
30~1時間程度すると、お米と水分が馴染んできます。

食べる分だけを取ってから、私はこの後、タッパに詰めて半冷凍しておきます。

炊飯器で玄米を炊く場合には、以下を参考に

玄米を圧力鍋/圧力釜よりも炊飯器で炊いた方が良いケース 玄米を炊くのに特別な炊飯器はいりません。 もちろん玄米を圧力鍋/圧力釜で...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で